性病・感染病の症状を知って性病の悩みを解決しよう

性病・感染病は様々な症状があります。クラミジアや淋病といった女性は自覚症状が出にくくい性病・感染病や、HIV、B型肝炎そして最近は少なくなった梅毒といった命に関わる性病・感染病があります。大切なことは、コンドームを使った性行為と、不特定多数のパートナーを持たずに、決められたパートナーとセックスをすることが大切です。またゲイや同性愛者、そしてオーラルセックスを提供する風俗嬢の方は、積極的に受けてほしいのが性病検査です。

性病は症状が出れば、クリニックを受診し治療する気持ちにもなるでしょうが、自覚症状がでないというケースも多くあります。女性は性病に罹っているのに、そのままにしておくと不妊になる可能性もあります。自覚症状が出ない場合でも、心当たりがあるセックスをしたことが過去にあるのなら、積極的に検査を受けることをおすすめします。

しかし日本の医療体制に不備があることで、なかなか検査を受けにくいといった事情もあります。性病の症状が出ている場合は、検査をして治療をするというのは保険適用になりますが、症状が出ない状態で気になるので検査するといった場合、保険適用外となり高い医療費を自己負担で支払わなければならないこともあります。このような事情を知らないで検査を受けてびっくりする人もいるでしょう。

最近は自宅で検査をすることができるキットが販売されています。これを利用することで自宅で誰にも知られずに検査結果を知ることができます。またその検査結果が陽性と出た場合は、その検査結果をクリニックに持って行って受診することでスムーズに治療を受けることができるでしょう。保険の問題もクリアする可能性が高いです。