性病とhivによる熱の関係性

性病とは、性行為感染症による代表的な感染疾患のことを指します。性交やオーラルセックスが原因で感染を引き起こし、人から人へと広まっていくものです。
性病の代表的なものとして、『梅毒』 『hiv感染症/エイズ』 『淋病』 『性器クラミジア感染症』 『性器ヘルペス』 『尖圭コンジローマ』 『ケジラミ症』等が挙げられます。
性病を未然に防ぐ方法は多くあり、パートナー同士で気を付けていれば感染しません。
初歩的ですが、性行為ではコンドームを着用したり、出血のおそれがある行為をしないことで、感染をほぼ確実に防ぐことができます。また、事前に病院へ行き検査をすることで、早期発見・早期治療に努めることも重要です。
感染した際の症状として、男性は、排尿の際の痛みや濃い黄色の膿、性器の痛みや痒み、吐き気や頭痛があります。
女性の場合は、おりものの量が増えたり、腹痛、性器の痒みや痛み、外陰部の腫れ、吐き気や頭痛があります。
感染に気付かずに治ってしまうものもありますが、最悪死に至るものもあります。
また女性の場合は、母乳を通して赤ちゃんに感染する恐れのあるものもあり、早期解決が重要になります。
感染への対処法としてhivを挙げます。
hivの初期症状では、個人差はありますが、39度以上の熱が出るとされています。
この時、熱がある状態が長く続いたり、心配な相手との性行為に心当たりがある場合には、病院で検査を受けるべきです。
hivの症状はインフルエンザによく似ており、熱に加えて、頭痛、だるさ、筋肉痛などの症状があります。
これらの症状は50%~90%といった高い確率で表れるので、病院にてhiv検査を受けることが重要になります。
また、インフルエンザに似た症状のため、病院にて血液検査をしても原因が分からずじまいになることがあるため、少しでもhiv感染の疑いがある時は、hiv検査をするべきです。